ひとりぼっちの進化学

「ひとりが好きな人へ」「ひとりが寂しい人へ」。寝付けない夜に著者が綴った日々のできごと。

100m9秒台を出す日本人選手が今後急増すると思う理由

f:id:Degeneration17:20170919100904j:plain

欧米の陸上界にかつて「4分の壁」と呼ばれる記録があった。中距離の約1600m走である。

絶対に破られることはないと言われていたが、英国選手によって54年に記録が破られるや否や、次々と20人以上の選手が続いた。(天声人語より一部引用)

 

深層心理が身体におよぼす影響の大きさがよく分かる話である。

 

ひるがえってノミの話。

ノミは体長のおよそ150倍ものジャンプ力を有すると言われている。

 

人間に換算すれば30階建てのビルを飛び越えるほどの脚力だ。

 

だがそんなノミをコップの中に入れて蓋をすると、ジャンプして逃げようにも頭がぶつかって逃げられない。

 

しばらくするとノミは脱出することをあきらめる。

 

その後コップの蓋を外すとどうなるか?

 

もう天井はないのに、コップの底から蓋までの距離しか飛び上がらなくなるそうだ。

 

さて、お次は象の話。

 

固定した柱にくくりつけた鎖の一端を象の足に巻きつける。

すると象は鎖の長さがおよぶ範囲内しか移動することができない。

 

しばらく象をあそばせてから鎖を外すと、その象は鎖の長さを超えて移動しようとはしなくなる。

もはや自身を縛るものは何もないのに、だ。

 

学習性無気力と呼ばれる現象である。

 

だが、それを打破する方法は簡単だ。

 

ノミの場合はコップをデコピンで弾いて揺らしてやればいい。

危機にかられたノミは悠々とコップの縁を飛び越えていく。

 

象の場合も言わずもがなである。

 

今回、桐生祥秀選手が天井の蓋を飛び越えられたのはなぜなのか?

ふと疑問に思った。

 

そして。

 

僕の世界であるコップの蓋はいつ閉められたのだろう。

 

その蓋は今開いているのだろうか。

 

そうだとして、今の僕にそれを飛び超えることはできるのだろうか。